Takashi Otsuki Blog
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
11月9日

 DEVO

 

 

 少し反響があったので、影響を受けたバンドシリーズを。

 

 70年代のニューウェーヴバンドで、時代背景もありパンキッシュで、シンセサイザーを多用していて、変なギターリフもかっこいい。

 ローリングストーンズの「サティスファクション」を、大胆に解体したカヴァーも凄かったけど、他のPV(今じゃミュージックヴィデオってか?)も、エキセントリックでかっこいい。

 当時、洋楽につけられていた邦題のタイトルもイカすんだよ。

 

 2010年に再結成後のアルバム「サムシング フォー エブリバディー」は、たまたまタワレコに行ったら見つけた時の衝動は凄まじくて、当時相当聴いた。

 中でも、好きなオムニバスDVD「Urgh a Music War」でのライヴ映像は必見。

 

 僕の中の音楽的な構築の50%は、ニューウェーヴで構築されていると言っても過言ではないので、こういった音楽は大好物なのであります。

 

 「変なギター」と、言われるのが、最高の褒め言葉と思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

11月8日

 XTC

 

 

 XTCという好きなバンドが、イギリスにありまして。

 とにかく、20代の頃はよく聴いた。

 初期は、PUNKの衝動と複雑なコード進行。中期からは、ビートルズを継承している様な、凝った素晴らしいアレンジとメロディー。

 これぞ大英帝国を彷彿させるアレンジが、とにかくお気に入りで。

 

 久しぶりにYouTubeで観たら興奮した!

 

 大好きな彼らのノンサッチを聴きながらBlog書いてます。