Takashi Otsuki Blog
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
6月7日

 イメージ作り

 

 

 

 今度の日曜日に、maniac studioの7月のワンマンのリハのイメージ。

 もはや、年1か2回のライヴになってしまっていますので。

 ま、メンバーの事は、前のブログでも紹介していますが、他にも今後色々、書けそうなら書いていこうと思います。

 構想は、ほぼほぼ練っていますが、この先の細かい部分をね。

 

 ライヴを演るのに、自分で構想練って、段取りをして、実現に向けて。

 個人でフリーランスでやるって大変だけど、10年以上続けられた。

 だからこそ、大事な部分ってみえて来た。

 

 過去に、プロでやって来た時期に、スタッフに任せっきりだった部分とか。

 自分が無知と知る。

 どんな気持ちで、関わっている人の気持ちも解る様になる。

 だからこそサポートギタリストとして、他現場で必要にされる感じも。

 

  一回失敗しないとわかんないタイプとか、経験しないとわかんないタイプだからさ。

 

 遅かれ早かれ認識しておいて良かったと。

 

 

 

 

 

6月6日

 6月6日にUFOが…

 

 

 

 6月6日。

 ドラえもんの絵描き歌を思い出しました。

 

 6月6日にUFOが あっちいって こっちいって おっこちて

 

 ちなみに、以前、ドラえもんのOPを歌っていた山野さと子さんとお会いした事がありました。

 世代的にドンズバで聴いていた世代でしたので、興奮しましたよw。

 Facebookで繋がっているのですが、クリスマスの恒例番組の「明石家サンタ」で、当選した時の流れる歌は、山野さんの歌っている歌だと、以前公言していまして。

 「わぉ!」な、感じ。

 

 幼い時の、TVの影響力ってのは…

 デンジマンやギャバンの大葉健二さんや、たんけんぼくのまちのチョーさん。

 僕の中で、幼い時に強烈な印象のあるアイドルなんだよね。

 北斗の拳とかキン肉マンの声優の神谷明さんとか…

 

 あ〜話が長くなりそうw

 

 

 

 

 

6月5日

 ラー油

 

 

 

 トマトやナスが余っているのでどうしたもんかと。

 食材を買う時に、レシピは1つ決まっているのだけれど、その日の気分とかもあるので、余らせる事もしばしば。

(特に大根とかキャベツの様な量が多いもの)

 

 ナスは、先日イタリアンな感じで攻めたので、今回は…

 (肴)麻婆茄子。

 しかも晩酌に白米付き!(めずらしい)

 中華を作る時、去年、上海に行ってお土産で買ったラー油が大活躍。

 ピーナッツとか入ってるんですよ。

 日本のラー油だと、ここまで赤く仕上がらないんですよね。

 

 このラー油、また欲しい…

 

 

 

 

 

6月4日

 先日の(肴)ですが…

 

 

 

 ナスとトマトとバジルのチーズ焼きを、フライパンのまま、もんじゃ焼きの様にして食べる。

 もんじゃのヘラが無いから、ティースプーンで食べるんだけど。

 

 これは、ドラマーだった先輩が、お好み焼きと鉄板焼き屋をやっていた時に出していたメニューで、鉄板焼きだったけど、自分なりに工夫をして、フライパンでたまに作るんだよね。

 もう3年か?4年前か?亡くなっちゃったんだけど。

 たまに思い出して作る。

 

 その先輩が亡くなってから、もんじゃ焼きをずっと食べてなくて、先日、楽器屋の帰りに久しぶりに食べたら、スイッチが入ったw。

 

 ちなみにハマって、2日連続で作ったw。

 

 

 

 

6月3日

 僕が演っていたSepaというバンド

 

 

 

 最近、自分の音遍歴の検証づいていて、過去のSepaのライヴDVD「you wish call」(当時物販で売っていた)を、見直してみた。

 2005年の下北沢シェルターの映像だった。

 

 Sepaは、僕、ヴォーカル、ベースが同じ年。ドラムは、5つ上だったかな?

 22才の頃から、組んだバンドだった。

 結成当時、他のメンバーは、僕より認知度があったので、どうやって自分のポジションを作って行くか必死だった。

 僕は、ギターがそんなに上手くないから、派手なライヴでのアクション。

 他とは違うアイディアや、変わったリフや、曲で自己主張していこうと思ってた。

 それから、その当時のDVDの当方30才w。

 このバンドでのあり方を見つめ直す時期だった。

 

 同期を使わず、そのニュアンスを、ライヴにてバンドだけで出そうと、音楽的に必死になって模索している感じもあるのだが、トラブルでギターの音が出なくなり、そのギターを客席にぶん投げて、そのまま楽屋へ引っ込むという横柄っぷりだったり。

 僕が、抱いていたロックンロールバンド像と、「このままだと…」と、バンド内の変革をしなくてはと、勝手に右往左往して悩んでいた時期だったな。

 

 結果、その翌年に解散の話になった。

 というか、自分の意志で、辞めたから解散になっちゃった。

 

 今となっては、日本の人気のあったバンドが再結成している。

 どこか、前のメンバーを気になっていたり、戦友の様な気持ちでいたり…

 そんな気持ちも解らなくも無いと思って来た。

 ま、おそらくこのバンドの再結成は、無いけどね。

 

 なんだろ、年が連れて優しくなりたいよね。

 尖っていた、若い頃に出来なかった、それが。

 でも、それが優しくさせる事でもあるのかな。

 

 一歩その先。

 は、年を取るに連れて、気持ちの成長だと思いたい。

 

 ギターを弾いて、ステージに立ててる喜びを今でも感じられているから。

 

 

 

 

 

6月2日

 そんな土曜日

 

 

 

 ゆっくり過ごすぞ。と、決め込んで、昼は蕎麦屋。

 割と通っている店で、昼から飲めて吸える(タバコ)居心地の良い店で。

 隣の席にいたカップルが注文をした後、僕がタバコを吸い始めたら、「タバコツライ」と言い始めて、注文をキャンセルして出て行ってしまいました。

 僕は、そのカップルに一言「ごめんなさい」と言いましたけど。

 僕が店を出る時に、店員さんに「タバコでお客さん帰らせてすみません」と言ったら、「うちは禁煙ではないので」と、言ってくれました。

 昨今の禁煙ブームで、愛煙家には肩身の感じになって来たのですが…

 

 じゃ、吸わなきゃいいじゃん!

 

 の一言で済みそうな感じですけど…

 そこは、なかなかね〜

 

 でも、愛煙家がここまで悪者扱いされるなら、いっそ国で禁止したらいいのに。

 飲酒運転の罰則を厳しくした様に。

 

 そしたら、やめるよ。

 

 

 

 

 

 

6月1日

 さ、6月

 

 

 

 個人的に、大どんでん返し(古)が、ありましたが、冷静にいきましょう。

 

 6月は、23日Arrowのライヴで、サポートギター。

 

 それと、7月のmaniac studioワンマンの準備。

(まだまだ予約受付中↑http://info.maniacstudio.net

 

 びっちり、ばっちり、こなして行きたいと思います。

 

 

 

 

 

5月31日

 母の誕生日

 

 

 

 20代の頃は、ちっともしなかったのですが、お祝いのメールをする様になりました。

 ま、両親が携帯を持つ様になった。というのも大きいですね。

 

 今までは照れくさかったけど、親自体が終活の話をし始め、僕も良い大人になりましたので、これくらいの親孝行はしてあげられたら。と思う様になりました。

 最近では、ライヴも無理のない程度に呼ぶ様にしています。

 僕のライヴを観て、元レコード会社勤務だった親父は、難癖つきたがるのですが、ニコニコしながら話します。母親は、ただただ「良かったわよ〜」と。

 

 なんかそれで、良いのかなと思います。

 

 でも、もう少し、大きなステージを観せられる様に。

 

 

 

 

 

 

5月30日

 ビザールギター好き

 

 

 

 僕がギターキッズだった頃、布袋さんを筆頭にオリジナルギターを作るのが流行っていた時代でした。

 それに従い「いつか自分もオリジナルギターが作りたい」と、夢見ていたものでした。

 まぁ、時が連れるにそんな事よりかは、スタンダードなギターを弾き熟せる様に…なっていったのですがw。

 大まかな時系列だと、レスポールからテレキャスター。他現場で時折ストラト。

 最近では、セミアコがお気に入りになっていった訳ですが。

 

 詳しくはないんですけど、ビザールギター好きでもあります。

 大手のギルドですが、

 先日、楽器屋で目にしたコレ↑

 

 ビザール好きの心がざわつきます。

 各色ありましたが、白ボディーに黒のピックガードが萌えますね。

 猫騙とかで使ったら映えるかな〜なんて思ってたりしてます。

 

 音はいかに…?

 今度試奏しに行ってみようかな。

 

 

 

 

 

5月29日

 イメージの擦り合わせ

 

 

 

 ここ最近、自分の音源や、関わったギターの音色を聴き直す事が多い。

 使う機材は変わった物もあるけど、根幹は変わっていないと思う。

 その時々でOKは出すのだけれど、今となっては…みたいのもある。

 逆もまたしかり。

 

 こういう研ぎすましタイムも大事。