Takashi Otsuki Blog
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
3月14日

 翌日のリハに備えて

 

 

 

 翌日は、猫騙の20日のリハ。

 面白いセットリストにて、少々準備が必要な訳でして…w

 その最終調整。

 

 あんな曲やこんな曲〜♫

 

 うぉ〜

 

 

 

 

3月13日

 ミーティング

 

 

 猫騙のミーティングでした。

 20日のミヤザワールドの確認。

 5月のイベントの色々。

 

 さぁ〜いくわよ〜!

 

 

 

 

 

3月12日

 ライヴ翌日のヘタリ具合ったらもう…

 

 

 40代である事を再認識ですよ…

 

 ギターの練習をして、少し昼寝して(てか、落ちてたw)

 笑点→まる子→サザエさんを堪能し。

 ゴッドファーザーを観直し(本日は供法

 

 そんな日曜日。

 

 

 

 

3月11日

 森純太氏BDイベント

 

 

 まずは、何気ない日常を過ごせていられている事。

 変わらずにギターを弾けている事に感謝。

 

大槻マキちゃんのバンドで参加。

 

 下北沢でのライヴだったんだけど、最近の憩いの場。

 民亭w。

 支那そばにしてみた。中々でした。

 

 ライヴは、純太さんが作った曲を中心に。

 とにかく楽しそうに弾いている姿を観て、こちらも嬉しくなる。

 純太さんとも、かれこれ20年近くになります。

 10年後には、僕も同じ年。

 

 その頃も、純太さんの様に笑ってギターを弾いていたいな。

 

 

 

 

3月10日

 あれから

 

 

 

 今年は、僕がMAX-KCでデビューして20年。

 その後、組んだSepaが解散してから10年。

 なんだかんだで節目な年なんだな。

 

 この3月10日は、Sepaのプロデューサーだった純太さんが、

「なんて日に解散してくれるんだ!」

 と、10年前のSepaの解散ライヴにて、観に来てくれた純太さんが言っていたのを、毎年思い出す。(彼の誕生日)

 

 そんな今日は、明日の純太さんの、BDイベントのライヴとは、別件のギター特打。

 

 今、片手団扇みたいな状況ではないけれど…

 こうしてギターと一緒に精進、邁進出来ている日々に改めて感謝。

 

 今は、歌唄いの為に弾いているギターがフィットしているんだ。

 シンガーから要求される信頼される、僕なりのギタープレイをしたいんだよね。

 以前は、正直そんな事は想わなかった。

 

 その代わり、ソロのmaniacでは独創的で構わない感じでのマイペースなスタンスで。

 

 あれから10年経って、20年経って。

 

 本当の僕らしさって?

 

 20代前半で、プロの洗礼を浴びて、そこから自分らしさを追求して弾けて。

 30代でソロになり、フリーランスで生き抜いて行く難しさを感じて。

 「しばらくはバンドは、いいや」って、言っていたバンドを、30代後半から40になって2つも加入して…w

 

 プロだという意識は置きつつも…

 「20代の頃のプライドは、クソだ!」の、つもりで。

 今からプライドを作るつもりで。

 30代後半から、今が一番ギターを練習している。

 

 それは、僕じゃない他人が歌うから。

 

 っていうのが、僕がギターを弾くプライドになってきているんだろうな…

 

 遅かれ早かれかも知れないが。

 

 

 改めて想う節目の日。

 

 

 

 

 

 

3月9日

 確定申告

 

 

 

 

 税務署に行くに電車だとちょっと不便なので、散歩がてら徒歩で約30分。

 スムースに終わり最寄りの中華料理屋へ。

 海老ワンタンめんを馳走。

 街の中華屋より、麺は、本格中華寄り。ワンタンうまかったな。

 

 帰り道、途中の公園で一服。

 こうゆう遊具と空なんてもう滅多に眺めないものですからね。

 

 確定申告の計算で頭を痛めたけど、気分リフレッシュ。

 

 

 

 

3月8日

 ギター弾いて映画観て

 

 

 色々と〜ギターの特打。

 からの、今日の(肴)。

 鶏もも肉とブロッコリーのトマト煮。

 をつつきながら…

 カートコバーンの映画「モンタージュ オブ ヘック」を観る。

 

 僕は、ニルバーナを思春期に通ってない。

 否定する訳ではないけど、映画を観て、彼の通って来た家庭環境の心の痛みや、疎外感みたいな環境の痛みは、自身痛烈に味わった事が無い。

 なにしろ、突然ブレイクして、持ち上げれられて、メディアに書き立てられるプレッシャーとかも味わった事が無いから、なんとも言えないんだけどさw。

 

 でも僕もさ、年頃のコンプレックスは味わったよ。

 若かれし頃は、ヤンチャもしたし、消してしまいたい過去も無い訳ではないw。

 

 でも、それを経て気持ちがタフになりたい。

 という気持ちが、年を取る度に強くなっていったかな。

 27才以降のカートは、どうなっていたんだろね?

 

 にしても、初期の頃の映像でモズライトかな?

 その頃の、フィードバックのノイズと源音のスレスレのギターの音は最高だった。

 僕的には、その頃のギターの音が、カートのギリギリの心情を映し出してるのでは?

 と、思うのでありました。

 

 と、カートコバーンに対して想う1日。

 

 

 

 

 

 

 

3月7日

 今日は首

 

 

 ダルさの次は、首から肩をやってしまったようだ…

 運動不足か、寒さからか…

 腰とか首をやっちゃうと、ほんとやる気起きないよね〜

 とか言いながら、「さて今日のブログは!」と、机に座ったとたん、いま製作中のdemoの微調整とかしたりしてみて。

 

 ま〜この辺のやる気の出具合、解らないものですw。

 

 週末のライヴにコンディションを備えつつ、マイペースに。

 

 

 

 

 

3月6日

 ダル〜

 

 

 なんでしょ、かなり身体がダルい1日。

 甥っ子にパワーを奪われたかな?

 

 こんな日はゆっくりと。

 

 

 

 

 

3月5日

 古希祝い翌日

 

 

 

 弟夫婦も来ていたので、待望の…

 甥っ子と戯れタイム!

 

 人見知りが出て来た様で、前より懐くのに時間がかかったけど、その分笑う様になり、またそれがたまらん。

 実家に帰る楽しみの一つ。