Takashi Otsuki Blog
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
10月5日

 ミンゾクがきたんだよ

 

 

 近況報告半分、ロジック先生半分(僕が、ロジックのキャリアが長いだけのね)。

 

 彼とは付き合いが長いミュージシャンの内の一人。

 今では、こうしてバンドを出来るとは…

 

 最高なんだ。

 

 キースムーンと、ピートタウンゼントみたいな間柄になりたいと思っているのは、独りよがりなのか?夢なのかな?

 

 ま、楽しみにみていてよ。

 

 

 

 

10月4日

 修正

 

 

 自分で作った曲ではない曲のアレンジは、時に難しく、時にすっと、いとも簡単に身体にすんなり入ってアレンジして出来る時がある。

 でも、それをチョイスするのは、オーダーした側の判断。

 

 ま、今回は、その修正に勤しむな回です。

 

 なんだろ。

 

 コレはコレで嫌いじゃない。

 

 元々、「コレでなきゃロックじゃないでしょ?」

 ってのは、あまり好きじゃなかったし。

 ロックの先輩って理不尽な人多かったからw。

 歌ってくれる人、聴いてくれる人達に響いてくれれば。

 

 って、思えるようになって来た。

 

 

10月3日

 気候の変化なのかな?

 

 

 持病の腰がうずき始めた。

 ここ数日、違和感を感じていたが…

 コルセット必須かな。

 

 季節の変わり目には、割と敏感な僕です。

 

 

 

 

 

10月2日

 プチ飲み

 

 

 ちょっと軽く展望も交えながら。

 近所にいい店あったんだね〜なんて。

 

 会話の長さは、充実感に繋がらない。

 

 サクッと終了。

 セーブする大人な飲みね。

 

 

 

 

 

 

 

10月1日

 ワンピース

 

 

 

 昨年、アニメワンピースの夏の特番で使われた大槻マキちゃんのDestiuy。

 そのカップリングで、以前のワンピースのエンディングテーマのmemoriesとRUN!RUN!RUN!も、プロデュース、編曲、ギターで参加させて頂いたのですが、今日のワンピースの1時間スペシャルでmemoriesが使われていました。

 使われているのを事前に知っておりまして、放映の朝9時にあわせて起きて観ていました。

 

 

 物語の素晴らしいタイミングに流れていていまして…

 番組に対して、ワンピース愛に溢れたスタッフの皆さんのご配慮に脱帽するばかりです。

 

 長く続けて愛される事。

 並大抵の事ではないと思います。

 

 「あのシーンで、memories を流すのはずるい」

  と、SNSで上げていたワンピースのファンの方もいたそうです。

 

 若い時は、大衆に抗う事ばかりが、かっこいいと思っていた自分ですが…

 

 音楽でワンピースの一員になれたんだ。

 と思うと、今では嬉しいですね。

 

 発売して1年越しですが、Destiuyカップリングの「memories」と「RUN!RUN!RUN!」も素晴らしい出来(自負)ですので、改めてよろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

9月30日

 インプット アウトプット

 

 

 ここ最近。

 

 映画を観たり

 ドラマを観たり

 ライヴを観に行ったり

 アレンジを考えていたり

 

 まぁ、誰かに話したくなりますね。

 そんな欲求が募る日でした。

 

 そんな自分の心を素直に感じた1日でした。

 

 

 

 

 

9月29日

 ショータさんのライヴ

 

 

 ショータさんこと、田村直美さんの30周年アニバーサリーライヴに行ってきました。

 

 パワフルかつトーンの伸びやかな歌声。

 何度かステージで彼女の歌でギターを弾かせてもらった事がありますが、30年経って、このコンディションやタフさ、アクティヴな感じに僕はいつもパワーを もらっています。

 

 改めて30周年おめでとうございます!

 

 一緒に観に来ていたカッキーさんが言っていましたが、

 「ライヴ演りたくなった」

 全く同意見でした。

 

 これって、演者が言われて嬉しい事なんだよね。

 うずうずしちゃうんだよね。

 感化されたライヴを観ると。

 

 

 

 

 

9月28日

 からの

 

 

 必須課題に着手。アレンジを、念のため2パターン。

 メロディーに対して、本来のメジャーコード進行と、違うマイナーコード進行の2パターン。

 

 自分で書いた曲って、先入観があるから、「こうだ!」ってのがあるけど、他人の曲に対して、メジャーコードでの作りをマイナーのパターンで作れるのも編曲の面白さ。

 というよりかは、客観して物作りを出来るようになったんだな〜と、我ながら思う。

 

 まっすぐ見る物事も好きだけど、経験やらなんやらで、物事の裏表、広さ、奥行き…

 そういうエッセンスの出し引きする事も経験のソレなんだろうな。

 

 寄り添う事も大事。

 ぶち壊すセンス。

 

 どちらも大事。

 

 

 

 

 

 

9月27日

 ということで

 

 

 必須課題をおぼろげに脳内妄想で、楽器にまだ手をつけない。

 まぁ、脳と身体が直結するまで動かない。

 そんな時期もありますよ。

 

 時によっては、意地でも楽器を触らなきゃなんて時もありますが。

 今は、ペースをなるべく守り、ストレスを抱えないように。

 

 自分の「走り出したら」の、スピードを知ってるからね。

 

 

 

 

 

 

9月26日

 夏の終わり

 

 

 真夏の最中、勢いで買ったそうめんってあまりがちなのよね。

 なので余ったそうめんで、

(肴)そうめんチャンプルー

 

 

 今週中には必須課題に手をつけたい感じ。