Takashi Otsuki Blog
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Lv20総括(2) | main | Lv20総括(4) >>
Lv20総括(3)

 M-7[A to Z]

 僕、ニューウェーブと呼ばれていた時代が好きなんです。(後追いですが)

 認識では、70年後期から80年代の初期くらいかな?

 PUNK以降の、普及し始めたシンセサイザーと一癖あるアレンジのギター。

 XTCやB-52's、DEVO等…

 テクノのくくりですが、YMOもその頃の時代で、ライディーンより、NICE AGEでノックアウトされたクチです。(後追いですが(2))

 [NICE AGE]の、チープでかっこいいギターの感じとシンセ感。

 あのギター感は出せるけど、あのシンセ感は…う、うぅ〜んw。

 そこで、Dummy's Corporationで一緒の、YMO好きの横山氏にシンセアレンジを頼むことにしました。

 当時のニュアンスも、今っぽい感じも、古臭くなることなることなく、この試みは、大成功だったと思います。

 

 M-8[愛・罠・YOU]

 本人には失礼かも知れないが、

「ダサかっこいい!」

 ってくくりは、最高に褒め言葉な訳でして。

 早い8ビートの曲にわざと、エグめなピコピコのドラムとベースに、ドシャーとした歪んだギター。

 「こんなアレンジにしたんだけど」と、返って来たタイトルを含めた歌詞がコレでした。

 「あ、面白い!」って。それで「本気で遊ぶ」の、チョイスの感覚がお互いに近いんだと思いました。

 こういう「遊び」の感覚も大事なのかなと。

 わかるかな〜?「面白がって中指を立ててる感じw」。

 

 M-9[Lv20 replies]

 なんでこの曲のタイトルに、「Lv20」と名付けた?

 デビュー20周年目で、出来た曲なのだろうけど。

 ここ数年で、彼女の作曲能力は上がって来て、「こういうアレンジで!」も含めたDemo曲が、大まか上がってくるようになって来ました。

 でも、この美しいメロディーを、曲をすっぴんにしてみたかった。

 曲、メロディーが良ければ、どんな洋服を着せてもいい。

 みたいな、ことなのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT