Takashi Otsuki Blog
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マスタリングでした | main | リハとか楽曲制作とか >>
スカとかファンクとか

 まるで通ってこなかったジャンル。

 でも、エッセンスとしては、体の中には入っている。

 しかし、これを1から自分で作るとなると、どんな楽器が、どんな演奏しているのかが鍵であるのは再認識する必要があるなぁ。

 それ専門でやっている方にとっては、いくら僕がやっても「風」にしかならないのは重々承知だが…

 ここ何日かは、スカやファンクの曲を作っていました。

 まず、こういうあまりやってこなかったジャンルで悩むのが、管楽器の打ち込みと、ベース録音なんだよね。

 でもね、ベースの要点を掴むように練習していくと面白くなってくる。

 ギター入れより年々面白くなっているw(ってのもなぁ〜)。

 管楽器も、久宝さんの現場で生の管楽器に触れているので、どうしたって生ではないけれど、あのブリっとした臨場感の感覚をどうしたら出せるかな?とか悩むのも、なかなか楽しい。

 

 スカに関しては、スペシャルズやマッドネスなんかを久しぶりに聴いた。 

 今でこそ思うけど、ピアノやオルガンのポジションってスカには外せないんだな。

 ギターの裏打ちだけのじゃない。

 マッドネスの「One step beyond」は、鳥肌立ったし、「ホンダ〜ホンダ〜ホンダ〜」のCMでおなじみの(昭和だなw)の「in the cty」も聴いていて懐かしかったし、面白かったな。

 

 ギター以外のことを考えて、ギターを活かす。

 そのまた逆も然り。

 経験ってのは、瞬時に周りの空気感や気配を嗅ぎ取る事が出来る。

 って事なのかも。って思う。

 

 ま、音楽に触れて、こういうワクワクする気持ちってのを忘れていない事っていいよね。

 

 

 

COMMENT