Takashi Otsuki Blog
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
6月26日

 シフトチェンジ

 

 

 下準備も大事だが、肝心なのはギター。

 とある曲達を再び練習モード。

 1日30分でも1時間でもいいから。

 

 高校の頃のバンドメンバーから7月29日来るという連絡が来た。

 10年、中には15年以上会ってない仲間もいる。

 

 ただただ素直に、

 

 嬉しいな。

 

 

 

6月25日

 あんちょこ

 

 

 7月29日のデビュー20周年のライヴ。

 この日は、20年の間、僕が作って来た曲を自分で歌う。

 

 高校生の頃に演っていたのは置いておいてw。

 最初にデビューしたバンドMAX-KCでは、リーダーが作曲をしていたので、僕が作曲していた期間がここで4〜5年程、空白になります。

 でも、ツインギターもあってか、ギターやダビングもののアレンジは、相当勉強になりました。

 

 次に結成したsepaで、溜まっていた作曲意欲が爆発します。

 MAX-KC仕込みの変なリフものや、ちょっと変わった転調や、コード感の曲。

 今回この弾き語りを演るにあったって聴き直していたんだけど、やっぱりちょっとクレイジーw。

 そんな中でも、「まともな歌もの」を、意識したアルバムもあってか、その中の選曲も結構ありそう。

 

 sepa解散後、ソロのmaniac studioの当初は、sepaの延長線なニュアンスがあるけど、次第にテクノとギターとの融合を試みて、インストが次第に多くなっていくんだけど、デビュー15周年で出した「Don't stop music」は、色んな意味で集約されていると思う。

 そんなmaniac studioも今年は、10年目。

 

 そんな中加入した、Dummy's Corporationで培ったブラック企業スレスレで暗躍した曲も演りたいしw。

 

 猫騙では、まだ1曲しか作ってないから、ないとしても…

 最強のヴォーカリストの隣でギターを弾いているから感じるものとか滲み出ればな…とか。

 

 今日は、そんなセットリストの歌詞を、テキストエディットに打ち込む地味な作業。

 弾き語りは、別物でw。(あんちょこ)

 でも、こうしてちゃんと歌詞を、打ち込むのは始めてかもしれない。

 

 もう歌ってくれる曲がない曲もある。

 それは、聴きたい人がいればの話だが。

 歌う人が違えどあれ、でも僕が作って来た曲だ。

 

 今一度、自分で作って来たものを再確認して。

 決して、今、新しいものを作ってない訳じゃないから。

 

 いい曲、結構あるじゃん。

 

 って、久しぶりに聴いたら素直に思えたよ。

 

 

 

 

6月24日

 それでも行き来するんだ

 

 

 Alabama ShakesとMETAFIVE を行き来。

 Alabama Shakesは、どちらかといえばR&B。

 METAFIVEは、どちらかかと言えばテクノより。

 どちらも最近の作品ですが、生楽器をうまく出し入れしてるな。

 

 Alabama Shakesは、生楽器のアンビエントにこだわった時折入るシンセのエグさ。

 METAFIVEは、テクノサウンドの中で良い塩梅でサンプリングと生楽器の出し入れ。

 

 どちらも刺激的。

 

 それれらが、僕の血となり肉となる。

 あまり偏食はしない方だと思う。

 

 

 

 

 

 

6月23日

 同期仕込み

 

 

 

 とある曲の同期の仕込みをしてます。

 

 

 フフフフフ…

 

 

 いつか聴ける事でしょう。

 

 

 

 

 

6月22日

 養生

 

 

 もうね、養生に徹した1日。

 昼寝もしたしね。

 

 そろそろ7月以降のモードへ。

 準備準備準備。

 

 

 まだまだ受け付けております!

 [大槻 隆プロデビュー20周年の弾き語りワンマン!]

 7月29日(土)西川口 Live Bar R

 詳しくはこちら→http://info.maniacstudio.net/?cid=1

 

 

 

 

6月21日

 気合いのステージ

 

 

 熱はお陰で37度台に回復。

 汗を大量にかいたせいか、なんかお肌がツルツルなんですけどw。

 しかし、倦怠感と頭痛がヒドい。

 

 ステージはなんとか完走できた。

 

 割と規則正しい生活だったにも関わらずなので、多分疲れてんのかな?

 そういえば、絶賛厄年真っ只中だしね。

 

 まぁ〜しかし、ライヴの日だというに写真が1枚もないとはw。

 でも、来てくれた人の目と耳と心に焼き付けれたら、それはそれで良いのですけどね。

 

 なんつって。

 

 

 

 

6月20日

 ライヴ前日

 

 

 翌日に控えた大槻マキちゃんのゲネ。

 寝起きから調子が今一つでない。

 

 もしや…

 

 帰宅後、熱が上がり38度越え。

 ライヴの前日に熱が出るなんて今までなかったのでは?

 これも、20周年の試練かw?

 

 この時期に、布団を数枚掛け汗出してデトックス。

 1時間おきに起きては、シャツの交換をして…

 

 なかなかなライヴの前日だったよ。

 

 

 

 

6月19日

 備える日

 

 

 

 21日の大槻マキちゃんのライヴ(@渋谷La.mama)の復習や、7月29日の僕の弾き語りワンマンのセトリの詰めとか。

 コロちゃんが最近仲間入りし、ライヴで参戦出来るかの具合のタッチも気にしつつ…

 

 改めて、7月の告知でもしようかな。

 

 大槻 隆プロデビュー20周年の弾き語りワンマン!

 7月29日(土)西川口 Live Bar R

 詳しくはこちら→http://info.maniacstudio.net/?cid=1

 

 今、とにかくギターを弾ける事が楽しくてね。

 

 

 

 

 

6月18日

 雨の日曜日

 

 

 憂鬱。

 

 こんな時は、7月の準備だ。

 

 

 

 

 

6月17日

 機械オンチ

 

 

 DTM(デスクトップミュージック)。いわゆる宅録ですな。

 10年前、PCを持ち始めて同時に始めた訳ですが、知らない事、知らない用語、いまだに沢山ありますねw。

 

 ま、自分の作品を作るにあたって今のところ問題はないので良いのですが…

 人に教えるにあたって、まだまだなんだなぁ〜と。

 

 楽器を弾いたり、作曲、アレンジは出来ますが、

 

 機械オンチなんだな…