Takashi Otsuki Blog
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
3月24日

 懐かしい曲を聴いてる

 

 

 自分のやってきたことを照らし合わせながら。

 自分がギターを触った時に、今の自分を想像出来ただろうか?

 そんな事の繰り返しだ。

 

 今も、順風満帆ではないけど。

 

 もう若かれし時の、エゴはない。

 伸びそうだった鼻は、折ったつもりだ。

 

 また一歩踏み出そう。

 

 

 

 

3月23日

 余韻が後を引き

 

 

 夕方寝落ち…からの、寝れないパターン。

 先日行ったデビッドボウイ展の余韻があり、1996年のフェニックスフェスティバルのデビッドボウイのライヴ動画をあさる。

 この頃、僕は21才。当時VHSで録画したBSの特番を観て久しぶりに動くボウイを観た。

 その頃YouTubeなんてないから、いつでも手軽に観れるものでもなく感動した記憶がある。

 別日にトリで出ていたニールヤングも良かったんだよな〜。

 

 この頃のボウイ好きだな。

 ダメージドのユニオンジャックのジャケット。衣装も特にかっこいい。

 選曲も良い。1曲目スケアリーモンスターズ。最高だ。

 

 話は変わって、VHSで持っていた「ヘイルヘイルロックンロール」。

 DVDで買い直さなきゃだな。

 

 

 

 

 

 

3月22日

 筋肉痛が2日後に

 

 

 

 そんな事を痛感している1日。

 あ〜バッキバキですよ。

 「有田と週間プロレスと」が楽しみな

 

 そんな水曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月21日

 OFF!

 

 

 

 ライヴの心地よい疲労感を、昼から行きつけの街中華にて酒で潤す。

 老夫婦が営むお店で、そのご夫婦のやんわりとした対応が、ライヴの翌日には、非常にクールダウンになります。

 

 その後、ちょっとした買い物へ。

 と、とある中古CDの陳列。

 

 ロックミュージシャンってモテてていいと思いますけど…

 ま、これ以上は…w

 

 

 

 

 

 

 

 

3月20日

 ミヤ ザ ワールド

 

 

 

 猫騙のメンバーだった宮沢さんのイベント。

 2009年に亡くなられて、その後も彼の意思を引き継いで続いているイベントでして。

 実際にちゃんとお会いした事が無いが(でも、おそらくsepa時代に対バンしているはず…)、彼の人望が伺えるイベントでした。

 僕は、2回目の参加になります。

 宮沢さんの縁がある曲を中心に。

 ゲストヴォーカルに、ジーザスさんを迎えて3曲。

 

 こうして、思い出したり、思いを馳せる事。

 僕も、この時期に亡くなったポンチさんの事思い出した。

 

 当日のサウンドチェック無しに加え、僕がステージ初披露曲が8曲中7曲というのもなかなかスリリングでw、「これぞバンド」みたいなステージでとてもいい感触だったよ。

 

 

 

 

 

 

3月19日

 新規開拓

 

 

 

 お日柄も良く…w

 散歩日和だったので、少し歩く所に新規開拓。

 あ、ラーメンね。

 

 飲める吸える(タバコね)のは嬉しいけど、ラーメンは普通。

 でも、肴のラインナップが割と多めで良い。

 

 たまにはこういう冒険もよいでしょう。

 

 そんなライヴの前日の日曜日。

 

 

 

 

 

 

 

3月18日

 ねてようび

 

 

 なんだかそんな日でした。

 ON/OFF大事って事で。

 

 

 次いってみよー!

 

 

 

 

 

 

3月17日

 逆に燃え尽きてるかも

 

 

 

 昨日のデビッドボウイ展からの今日。

 

 シリアスな映画を観て話を追って、理解、吸収しようとした感じに近いかも。

 なんか抜け殻w。

 

 また吸収の旅へ。

 

 

 

 

3月16日

 DAVID BOWIE is

 

 

 

 待望のデビッドボウイ展へ。

 

 ふぁふぁふぁふぁ ふぁっしょん!

 開催している寺田倉庫。

 ここに昔、EMIのテラスタってレコーディングスタジオがあって(もう無いんだけど)、20年前に、ここでレコーディングして以来ぶりに来ました。

 派手な内装のエレベーターが懐かしさが蘇る。

 

 彼は偉大なミュージシャンだけど、音楽以外のものからインスパイアされたものも大きい事が知れる、右脳が刺激を受けた展示でした。

 特に、初期のジギースターダスト以前のコーナーが面白かったな。

 

 作品事にコンセプトや、アプローチを変えるアート性。

 ただ歌う事、曲を作る事だけじゃないデビッドボウイの世界観。

 

 2時間半、たっぷり官能してきました。

 

 

 

 

 

 

 

3月15日

 猫騙リハ

 

 

 写真を取り忘れたほど濃密リハ。(個人的に)

 リハ中、珍しくチョコをむさぼるw。

 体力というよりかは、脳を使ったかもね。(糖分欲)

 

 音楽は、身体で体現するけど、そこまでに行き着く所は、脳内で鳴っているものを身体で表現するものだから。

 要は、演った事が無い曲があるって事かな?

 

 お楽しみ!