Takashi Otsuki Blog
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
6月17日

 日曜日

 

 

 

 のんびり起床。

 昼に、茹で野菜とにんたまラーメンを作る。

 父にメール。父の日ですね。いつもありがとう。

 コーラとチップスでまったりな午後。

 エンジンかかって来て、来週のリハのギターの練習。

 笑点にてテツandトモ。もはや一発屋とは呼ばせない職人芸。

 ギタリストとしても、あのカッティングは目の見張る物がある。

 大河ドラマを観て、エレカシの宮本さんの出てたトーク番組を見る。

 

 なんて、1日を振り返りながらこのブログ。

 

 

 

 

6月16日

 映画鑑賞

 

 

 

「親切なクムジャさん」

 監督は、パク チャヌク監督。

 この監督の「オールドボーイ」も観た事があるのですが。凄いね。

 描写が、猟奇的で心理的に支配して行く所も引き込まれる。

 感覚としては、園子温の「愛のむきだし」や「冷たい熱帯魚」に近い感覚だったな。

 

 結構好きな映画でした。

 

 

 

 

6月15日

 昨日の続きの加筆

 

 

 

 草野マサムネさんのラジオの話ね。

 昨日の日記のコメントで、草野マサムネさんのラジオがどうやらYouTubeで(公式だと思う)聴けるらしい!ということで、聴いてみました、

 内容は、トークだけ(規制に引っかかる)音源は無かったですが、「俺は、ブルーボーイのメンバーでもないし、草野さんと飲み屋で会ってCDを渡したメンバーではないけど」(トークからの抜粋)

 でも、嬉しいコメントでした!

 2001年の僕たちが出した音源を未だに、気にかけてくれているというのは本当に嬉しい。

 というのも…

 

 以前、スピッツに対してブログを書いたアルバム「ハヤブサ」は、2000年リリース。

 このアルバムは、僕らの仲間内でザワついていました。

「優等生なイメージだったけど、すげーロックじゃん!」って。

 そのラジオで、Sepaの曲がオンエアーされた曲は、2001年リリース。

 その「ハヤブサ」に影響され意識したアプローチも多々ありました。

 

 なんか、嬉しい。

 巡り巡って、影響された人に、その影響を受けた時期の曲を、ラジオに曲を流してもらって。

 曲は、全然スピッツぽっくないんだけどさw。

 

 また音楽に片足突っ込んだ沼が深くなって行くw。

 

 

 

 

6月14日

 あの草野マサムネさんがぁ〜!

 

 

 

 僕が、以前演っていたバンドSepaのファンが私設で作っているであろうBBSをたまに観に行く。

 それは、当時バンドメンバーも公認なファンサイトみたいな物で、今では、年に数回書き込みがあるかどうかくらいだが。

 

 そのBBSを久しぶりに観に行って、ビックリしたんだけど!

 

 スピッツの草野マサムネさんのパーソナリティーのラジオ番組「ロック大陸漫遊記」にSepaの曲が流れたらしい!!

 これは、乗せておきたい↓

 http://www.tfm.co.jp/manyuki/index.php?blogid=392&archive=2018-05

 5月27日のオンエアリストだったらしい。

 

 ホントかなw?

 

 先日、スピッツについてブログで書いて、タイムリーだったので、

 

 非常に嬉しいんですけど!

 

 「Y.M.J.S」って曲だったんだけど。

 bpm200を、キレのあるカッティングと、ダウンピッキングで弾ききるというギタリスト裏テーマな曲で。

 THE JAMとか、ウィルコ ジョンソンをテーマに。

 当時は、ミッシェルガンエレファントのアベさんもいたしな〜。

 

 しかも、自分で作った曲だから尚更嬉しい。

 素直に嬉しい。

 

 あ〜なんだろ。よく解らない夢心地(オンエアーを聴いていない)。

 

 

 

 

 

6月13日

 そろそろ準備かな

 

 

 

 来週は1本ライヴの予定なので。

 備えたり、気持ちのゆとりの時間も。

 

 表に出たら、そんな内の溜めたそれらを、バーン!と出そう。

 

 

 

 

 

6月12日

 新たな扉を開ける

 

 

 

 ようやく始めて見ました。

 

 LINE。

 

 もうね、そんなにやらないのをこだわってると、老害の域なのかとw。

 そんで「やっと始めた?」とか返信来ましたけど。

 

 そんなこんなで、コミニュケーション能力小UP。

 

 

 

 

6月11日

 読書の梅雨

 

 

 台風接近で、都内は雨模様。

 なので、今日は、家で読書。

 何の本かは、ネタバレっぽくなるので割愛w。

 

 映画鑑賞も、音楽鑑賞もいいですが、本も久しぶりに読みましたが、やっぱり良いですね。

 

 一時、池波正太郎さんの「鬼平犯科長」は、ドハマりしたな…

 活字での、食べ物の描写も良くって、そこから料理、食べ物の興味をもったり、どんな昼食や晩酌のプランを考えたりする様にもなりました。

 

 映像って、手っ取り早くて良いかもしれないですが。

 

 活字で想像する。

 

 ってのも、やはり、なかなかいいものですね。

 

 脳内イマジネーション。

 

 

 

6月10日

 maniac studioリハ

 

 

 

 毎年恒例になりつつある、僕のバースデーライヴ。

 誕生日は、7月29日。今年は、28日に行います。

 

 誕生日のその辺りって、学生時代だったら夏休み。

 幼い時は、その辺りの日程に家族で海に旅行に行くのが恒例行事で、同級生と祝ってもらった記憶も無く、、中学に行けば部活に明け暮れ、高校に行ったらバンドに明け暮れ。

 バンドが軌道に乗り出したら、その辺りはフジロック週間で、ライヴを演るのを避けてた時期でもありました。

 

 ソロのmaniac studioをやり続けて、早10年以上。

 バンドの猫騙や、Dummy's Corporationもそうですが、他人のサポートをして行くうちに、個人のmaniac studioのライヴの回数は減って行くばかりで。

 こんな時だからこそ、バースデーライヴと託つけて、maniac studioの活動を!

 と、自分で尻を叩いていますw。

 

 その他大勢と違う何か…を、見つけながら続けて来たmaniac studio。

 即効性は無いかもしれないけど、歌は上手くないかもしれないけど、ギターも激ウマな訳でもないけど…

 時間が経っても、どこか引っかかる何か?は、あると思う。

 ギターのリフやアイディア。ギターメインのインスト。

 

 若さ故の辞めてしまう潔さ。もありますが。

 続けて行く事の、熟成をどう表現して行くか?は、年の功なのかな。

 若い時に、解散したり、クビにされたり、自分で壊したりをやって来た経験。

 音楽に突っ込んだ片足を、どうやって「色んな皆に」必要にされる物にして行くか。

 

 やって行くしかないんだよ。

 

 

 

 

 

 

6月9日

 というわけでして

 

 

 

 我らが猫騙のヴォーカルのショウさんのソロライヴの予定が解禁されましたね。

 7月27日新宿LOFT。

 その翌日の28日に、僕のソロmaniac studioのライヴが西川口Live bar Rにてあります。

 詳しくは→http://info.maniacstudio.net

 17時に開演で、19時くらいには終わると思いますので、地方のショウさんや猫騙ファンの方も2Daysの予定を組んでみたらどうでしょうか!?

 ま、歌は置いておいて(比較するまでもないですがw)

 僕なりの僕の世界の音楽、ギターを奏でますので、興味のある方は是非とも!

 

 さ、明日はmaniacのリハ!

 

 

 

6月8日

 映画JIMIを観る。

 

 

 

 

 ジミ ヘンドリクスの映画。

 年を連れるに連れて気になるギタリスト。

 恥ずかしながら、あまり聴いてこなかったw。

 

 でも、ストーンズや、ビートルズ、ザ フーのメンバーをざわつかせた男。

 

 ジミヘン素人目線で観ても(俺ギタリストやんw)、その先を描いて欲しかった。

 勝手な憶測だけど、ギターやアンプに、Fenderのロゴも一切映ってないし。

 Fenderだったと思うけど。

 ギターのヘッド変な形してるし。あれは、なんか権力とか働いているのかな?

 ま、俳優さんは似てたけどね。

 

 60点。

 

 もっと興味が湧くエピソード、一杯あるでしょ?

 今となっては、日本でアウトな事とかw。