Takashi Otsuki Blog
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
5月17日

 弟の誕生日

 

 

 

 

 ここ数年、弟におめでとうメールをしている。

 母親も弟も5月生まれなので、実家に集まる催しをしている。

 次の日曜日、実家に集合なんだ。

 別に、こういうの特に好きではないんだけど、

 若い頃にしてこなかった大事に思えた事を、ちゃんとやってみようかな。

 って。

 

 自分がなりたい事を貫き通して、突っぱねたりしても、見守ってくれる家族があった俺は、幸せなんだろうな。

 そんな家族がいることに感謝。

 

 大きな金額の旅行も、プレゼントもないけど。

 リビングにいる母親と父親を見ながら、キッチンに立つくらいかな。

 

 

 

 

 

5月16日

 疲れが取れない日々

 

 

 

 なんだかな〜そんなに大した事やってないんだけどな〜

 でも、4月5月と、3本ワンマンやったしな。

 

 20代30代の頃って、もっとハードな日々を過ごしてきた。

 そのころは全然平気だった。でも今、その疲れが取れない。

 

 気持ちは、20代30代。でも、体は正直に40代なのだろう。

 The Rolling Stonesのミックが、心臓の手術成功後のトレーニングの動画を観た。

 ま、そういう事だろう。

 

 僕は、同じようにはいかないだろうけど、いつ何時ステージに上がれる心技体を保つ事。

 ステージが大きかろうが否であろうが、そのポテンシャルを保てるか。

 きっと、これからもっと自身の壁となってくるだろう。

 若かった頃の、傲慢や減らず口が、のしかかってくる。

 自身の信頼とか、技術とか、そういうのも一緒に。

 その時、ちゃんと戦えるかどうか?

 

 多分、準備しなきゃな〜w

 

 

 

 

 

5月15日

 昨日の残り物あれこれ

 

 

 

 なんだかタイトルw。

 幼い時、親父が会社に持っていく弁当で、昨晩のトンカツの残りを、卵とじとかにしてカツ丼弁当にしていくのが嬉しかった。

 みたいな話を聞いた事があって、「なんだか貧乏クセェな〜」って思い出がある。

 でも、血は争えないみたいです。

 晩酌の残りのすき焼きの汁で(牛肉は激安)で、翌日は春菊を足して卵とじ。

 こういう使い回しに頭を使うのは好きみたいです。

 

 音楽を作る事と、料理をするのは似ているという人は沢山いるし、僕もその一人ですが…

「引用する」というのも、好きなんだな。

 知恵とか、コロンブスの卵的な発想とか。

 

 

 

 

5月14日

 インスタントの選択

 

 

 

これ好きなんだよね。

 基本自炊ですが、即席系嫌いじゃないです。

 カップヌードル(王道3種)、カップスター醤油、サッポロ一番塩味(袋)。

 あと、このホットワンタン。

 これらは、僕の中で期待を裏切らない。

 コンビニやスーパーで、ちょっとした浮気心でw、これらを外してチョイスした時に受ける喪失感は、たまらんものがある。

 長年愛されている安定の味に、「あ〜やっぱこれだわ」と、過去に心の中でつぶやいて食っている自分を知っているにも関わらず、でも冒険したい気持ちもある。

 

 たかが1食。即席の1食。

 

 ジャンクだからこそ、満たされたい欲求は、僕にはある。

 

 

 

 

 

 

5月13日

 4月からのワンマンを経て

 

 

 

 4月の終わりからワンマンライヴ3本。

 全部違う現場だったので、体力的というのもありますが、脳みその使い方も中々。

 そんな本日は、のんびりさせていただきました。

 特に何をするわけでもなく。

 

 6月7月とライヴの現場はないですが(今のところ)、

 イメージを膨らませる期間になりそうです。

 

 

 

 

5月12日

 Arrowワンマン

 

 

 

 彼女は、まだ20代。その可能性。

 今43の僕も20代の頃はあったし、僕よりも上の世代の先輩達も、10代、20代だった僕に可能性を感じていたと思う。

 そんな人達に囲まれて、育てられて、反発もしw、今こうしてギターを弾いていられる事もあるでしょう。

 

 でも、ま、音楽なんて、年齢は関係ないんだけど(音の好みは大いにあって良し)

 大いに、ステージで音楽を楽しむ。エナジーを爆発させる。

 ってのが、出来るかどうか?

 が、出来た現場だったと思います。

 ステージで、僕が若かかれし頃の、くそバンドマン時代の沸々とした感情が呼び起こる感覚を呼び起こさせてくれてありがとう。

 

 次からのライヴは参加しませんが、これからのArrowさんに期待しつつ…

 

 

 

 

 

5月11日

 Arrowゲネ

 

 

 

 気抜けませんw

 現場が変わるので頭の切り替えも中々ですが、準備はちゃんとしたから緊張もせず、平常心でゲネを迎えられました。

 こういう状態でギター弾けるの楽しいです。

 

「間違えちゃいけない」

 

 という事より、弾いていて、他のにもイメージが湧く位の感覚でギターを弾ける。

 本番もこんな感じで行きたいと。

 

 

 

 

5月10日

 大槻マキ バースデーアコースティックワンマン

 

 

 

 ここ数年、アコースティックギターでのライヴは多い。

 同じギターでも、エレキとアコギの鳴らし方は違う。

 なんかここ数年、アコギの鳴らし方を、少しわかってきたような気がする。

 

 サポートメンバーは、気心の知れた付き合いの長いベース伊藤毅とドラム引間ユーシ。

 久宝留理子さんの現場でおなじみの、サックス細野あきこ、ピアノ鈴木謙之。

 

 楽器が多いから、音数も増える。

 だから、ただ歌の伴奏だけで終わらせたくないアレンジにしたかった。

(バンマスを任命されました故)

 それぞれの楽器を効果的に引き出す。

 そんな僕の要望にみんな答えてくれて、リハーサルの時から

「今、音楽やってるな〜」

 と、しみじみ思うことも。

 

 そんなメンバー達と、このライヴを出来た事を、とても嬉しく思っています。

 

 次回は、エレキ編成(だと思う)で12月1日ですね。

 アルバムのレコ発(だと思う)なので、いい作品、いいライヴを、お届け出来ますように、これから準備して行きたいと思います。

 

 

 

 

5月9日

 俺の名は、ゴルゴサーディン

 

 

 

 オイルサーディーンのキングオスカーとのコラボらしい。

 行きつけのスーパーで見たら一目惚れ。

 

 昔、行きつけのBARで、ニンニクと一緒に、缶ごとオーブンに入れて焼いたのをよく肴にしてた。

 

 そしてゴルゴを料理してやった。

 (肴)オイルサーディンのアヒージョ

 

 そうだよ、アヒージョだよな。今でいうとw。

 当時は、そんな単語皆無だったからな〜

 

 懐かしい味がした。

 

 

 

 

5月8日

 大槻マキゲネ

 

 

 

 

 良い仕上がりだと思います。

 ドラム、ベース、ギター、ピアノ、サックス。

 久宝さんの時の編成も同じだけど、ほぼほぼ生楽器のアコースティックで、多めの楽器だけど少ない音色で、どうアレンジするか?

 ま、そういう細かい所も色々あるけれど、楽しんで演っております。

 最近、ギルドのアコギがいい感じでなってきているような…